インターナショナル・エアライン・プログラムで実際にプレミアムエコノミーのチケットを予約してみた【アメックス】

アメックス

アメックスのプラチナ・カード以上の特典であるインターナショナル・エアライン・プログラムを実際に使ってみました。

インターナショナル・エアライン・プログラムとは

アメックスのプラチナカード以上限定の特典で、対象の航空会社(定期的に変わる)の、日本発着の国際線航空券が優待価格で予約できるというものです。2019年10月現在、10社が対象になっています。なおANA/JALは含まれていません(少し前まではJALも含まれていた気がしますが…)。

このサイト経由で申し込むと、カード申し込み後の利用で最大40,000ポイント獲得可能! サラリーマンが持つカードの最高峰クラス。
申込みはこちらから…



豪華なグルメ特典が付くゴールドカードもあり。申込みはこちらから…

以前の記事にも書きましたが、コンシェルジュ経由だけではなく、アメックスのトラベルオンライン上でも利用可能です。また、片道のみでも利用可能です。

詳しくは以前の記事にも書いているので、そちらもご覧ください。

プレミアムエコノミーで実際に使ってみた

個人的にシンガポールに行く用事があったので、実際に使ってみました。なおここでは、羽田空港からシンガポールのチャンギ空港への行き便のみを、シンガポール航空の直行便で予約してみることにします(帰りは別の方法で予約したため)。

実はプレミアムエコノミーでも利用可能

私の記憶によれば、インターナショナル・エアライン・プログラムはビジネスクラス以上が対象とどこかに書かれていたように思います。しかし、改めてプラチナウェブを見ると「提携航空会社の国際線航空券(日本発着)を優待料金にて手配いたします。」と書かれており、実際にはプレミアムエコノミーでも対象の場合があります(さすがにエコノミークラスは無いかな…)。

以前の記事では、ビジネスクラスは確かに少し(3万円程度)安くなるものの、それでもサラリーマンが自腹で払うには高すぎるので、多くの人にとっては使いづらいと書いたように思います。しかし、プレミアムエコノミーであれば手の届く範囲に入る人も増えるので、ずっと使いやすくなります。

なおすべての対象航空会社・路線でプレエコも使えるとは限らないので悪しからず。

実際にいくら安くなるか

例として、2019/12/1に羽田→シンガポール チャンギ空港に向かう直行便(片道のみ)を検索してみました。なお価格をまるまる載せてよいかが分からず、また時間帯によって価格も変わりますが、朝9時ころに羽田を出発する便の価格はだいたい次のようになっています。

Webサイト金額(概数)
Expedia13万円
シンガポール航空公式サイト13万円
アメックス・トラベル・オンライン(通常)13万円
アメックス・トラベル・オンライン
(インターナショナルエアラインプログラム適用後)
12万円

このように、1万円程度安くなっています。プレエコでも地味に割引が行われていることが分かりました!他の日程の料金も見てみましたが、1割引きくらいになっているイメージです。

なお、アメックスのプラチナウェブにログインした後にトラベル・オンラインのサイトに行ったとしても、ログイン状態が解除されていることがあります。必ず画面右上を見て、ログインされた状態の値段なのかを確認するようにしてください。

予約と同時に発券される

トラベル・オンラインで予約した場合、予約が完了するのと同時に発券されます。以降、取り消しや変更などには費用が発生する場合があります。

座席は別途指定が必要

トラベル・オンラインで予約した段階では、座席の指定はできていません。マイレージ会員の設定がされている等の場合には航空会社のWebサイト上で座席指定できる場合がありますが、できない場合もあります。その際は、コンシェルジュに電話すれば座席を指定してもらえます。