シンガポール航空のスイートクラス(シンガポール〜成田路線)は本当にマイル発券できるのか?

飛行機・鉄道

※2020/2/2追記:2019年10月初めの時点ではスイートをSaverタイプで発券可能でしたが、クリスフライヤー平会員として公式サイト上で検索したところ、現在は発券不可になっているようです。ただしAdvantageタイプでの発券やB777-300ERファーストクラスのSaverタイプでの発券は可能です(@soratobusuidou さんのツイートを見て調査したことで判明)。

シンガポール航空スイート(シンガポール〜成田路線)をマイル発券できるか記します。結論から言うと…

  • シンガポール→成田便のSaverタイプの空きを見つけるのはかなり難しい不可
  • ただしAdvantageタイプ利用・成田→シンガポール便利用・ファーストクラス利用なら比較的取りやすい

シンガポール航空のスイートとは

シンガポール航空という航空会社があります。文字通りシンガポールを拠点とする航空会社ですが、豪華さやサービスの評判が高く、Skytraxというランキングの2019年版ではカタール航空に次いで世界第2位の評価を得ています(ANAは3位、JALは11位)。

このシンガポール航空ですが、他の航空会社とは異なりスイートという最上位の座席クラスがあります。これはシンガポール航空のWebサイト上ではファーストクラスとは明確に区別されており、ファーストクラスよりも良い設備になっております。

https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/flying-withus/cabins/suites/

なお、実際にはスイートはエアバスA380のみに存在し、A380にはファーストクラスは無いため、ファーストクラスとスイートは機材によってどちらか一方が存在するということになります。つまりシンガポール航空の座席クラスは次のようになっています。

  • エコノミークラス:最安価
  • プレミアムエコノミークラス
  • ビジネスクラス
  • ファーストクラス(A380以外) / スイート(A380):最上位

スイートは特典航空券で本当に取れるのか?

スイートですが、シンガポール航空のクリスフライヤーのマイルを貯めれば予約できます。注意点として、ANAなどスターフライヤー系列のマイルではビジネスクラス以上の特典航空券は原則的に取得不可なので、スイートの特典航空券の発券に必要なマイルは、地道にシンガポール航空に乗りまくるか、シンガポール航空のマイルへの交換が可能なクレジットカード(アメックス等)のポイントを交換することで得る必要があります。ちなみに、私は後者のパターンです(紹介プログラム等は使わず地道に決済だけでポイントを貯めたので、必要なポイントを貯めるのに3年近くかかりました…)。

さて、スイートはシンガポール〜成田間に就航しているAirbus A380に1日1往復していますが、旧型機で12席、新型機(2020年以降導入?)で6席しかありません。その中でも特典航空券で予約できるのは僅かで、恐らく1〜2席程度だと思います。「ANAはマイルを貯めるのは比較的簡単だが特典航空券を取るのが難しい」という話を聞くことがありますが、シンガポール航空のスイートの場合はどうでしょうか?向こう半年程度の日をいくつか適当に調べてみて思ったことを記していきます。

先に言うと、人気が高いため特典航空券で予約するのは思った以上に難しいです。ただし、不可能というわけではなく、また(決してガラガラというわけではなく既に埋まっている日が多いですが、その中でも)比較的取りやすい条件も見つけたので記していきます。

本記事投稿時点(2019年10月初め)に例として適当に検索した2020/4/21のシンガポール→成田便。なおSQ12とSQ638の両方を選択できているのはシステムのバグと思われる。

Saverタイプでは難しいがAdvantageタイプなら比較的空きがある

上記は適当に検索してみた結果です。これを見ると、スイートがあるのはシンガポールを23:55に出発する方ですが、Saverタイプはキャンセル待ちになっています。(スイートとファーストクラスは、システム上同じ条件で検索することしかできないため、スイートとファーストクラスが同時に出てくる)

シンガポール航空の特典航空券はSaverタイプとAdvantageタイプがあります。Advantageタイプのほうが乗り継ぎ可能な回数が多い等の特徴がありますが、直行便であれば関係ありません。見ての通り、Saverタイプのほうが圧倒的に必要マイル数が少なく、基本的にはSaverタイプを狙う人が多いので、Saverタイプはキャンセル待ちになっていることが多いです。

その分、Advantageタイプは比較的空いている傾向にあるので、「マイルやポイントが有り余っていて使い切れなくて困ってるんです(>_<)」という人はAdvantageタイプを狙いましょう。

(2020/2/2追記:スイートのSaverタイプは、少なくともクリスフライヤー平会員の場合は常に「利用できません」と表示され、予約できなくなったようです。下図参照)

2020/2/2追記:今はスイート(SQ638)のSaverは、曜日や月を変えて検索しても「利用できません」表示になっています。2019年10月初めの時点では(空いているかどうかは別として)一部の日を除いて選択可能だったのですが…。なおファーストクラス(SQ12)は現在もSaverを選択可能。また、SQ12とSQ638の両方を選択できるバグ(?)も修正されている模様。

シンガポール→成田便は難しいが成田→シンガポール便なら比較的空きがある

シンガポール航空はシンガポールが本拠地のため、ファーストクラスやスイートクラス利用客専用のプライベートルームなるものがあり、それを試してみたいという人も多いです。そのため、シンガポール発の便に人気が偏る傾向があります。

逆に、プライベートルームを体験できない成田→シンガポール便は比較的空きがあるように思います。

ファーストクラスは比較的空きがある

実はスイートクラスとファーストクラスとでは必要なマイル数が同じです。そのため、同じマイルを持っているのであれば当然スイートクラスを狙う人が多いのですが、相対的にファーストクラスは空きが出やすいです。

ファーストクラスで十分という方や、シンガポール→成田便は深夜便になるため体力的に辛いという方は、ファーストクラスを狙いましょう。私は未体験ですが、十分快適だと思います。

2019年内の方が取りやすい?

実はスイートクラスがあるA380型はシンガポール航空では旧型機と新型機の2種類があります。シンガポール航空の発表では、2019年7月以降、A380型を新型機に入れ替えるということでしたが、どうやら遅れているようで、他者のブログを見ると2020年以降にずれ込むのではないかという情報があります。そのため、新型機に乗りたい方は2020年以降の便を予約しようとしているものの、キャンセル待ちが多いようです。

そのためか、2019年内はシンガポール→成田のSaverタイプスイートクラスの特典航空券の空席を僅かながら見つけた(+実際に予約した)ので、もしかしたら2019年内の方が取りやすいのかもしれません。

終わりに:スイートのマイル発券は難しいものの夢がある

シンガポール航空のスイートは人気なだけあって、マイルで発券するのはなかなか大変です。しかし、発券が困難なだけあって素晴らしい体験ができるので、一生に一度は体験してみたいところです。

実際に2019年の秋にスイートに乗ってみましたが素晴らしいものでした。