アメックス・プラチナを実際にダウングレードしてみた

クレジットカード

少し前まで私はアメックス・プラチナを持っており、総合的に考えると、高い年会費を払っても良いと思えるくらいのメリットを得ていました

しかし、昨今の事情により出張に行く機会が減ったのと、その他の家庭の事情により当面は豪華な旅行に行くのが難しいことから、年会費に見合うだけのメリットを享受することが難しくなりました。そのため、苦渋の決断でしたが、アメックス・プラチナをグリーンカードにダウングレードするに至りました。ダウングレードする方法や注意点を記します。

なお、ここで扱うのはプラチナ・カードをグリーンカードに変えるダウングレードであり、アメックスのカードを解約するわけではないのでご注意ください。

ダウングレードする方法

ダウングレードする方法は実に簡単です。プラチナ・カードのコンシェルジュに電話をかけましょう。電話をかけると依頼内容をダイヤルで選ぶ場面(旅行の手配 or レストランやお花の手配 or カードの手続き等)で、カードの手続き等を行うボタンを選択しましょう。

ダウングレードしたい旨(コンシェルジュは「カードの色を変える」と表現していた)を伝えると、諸々の確認や注意事項の伝達が行われます。質問があれば尋ねることも可能です。

なお、プラチナ・カードのコンシェルジュなので24時間365日対応です。実際、私は休日の深夜に電話をかけて対応してもらいました。

私はいくつか質問をしたため、手続完了まで15分ちょっとかかりました。スムーズに進んでも10分くらいかかると思いますので、時間の余裕があるときに電話しましょう。(その点で、24時間365日対応なのは助かります)

ダウングレード時の注意点

これは以前の記事にもいくつか書いていますが、重要な点は次のとおりです。

  • 追加カード(ACカード)は手続き完了時点で使えなくなる。公共料金の支払などで使っている場合は、新しいカードが届いたらすぐにカード切り替えの手続きを行うこと。
  • 一方で、本カード(追加カードでないメタル製カード)は、しばらくの間は使える。
  • 切り替え後のカードはカード番号が変わるので、カード払いを行っている通販サイトなどでカード番号の変更が必要。ただし公共料金によっては自動で変更されるケースがあるようです(アメックス公式サイトのFAQより)。
  • 切り替え後のカードが届いたら、メタル製のプラチナ・カードはアメックス側に返送する必要がある。記念に残して置きたいという人もいるかもしれないが、基本的に返送が必要とのこと。
  • メンバーシップ・リワード・プラスは、プラチナ・カードだと無料だが、グリーンやゴールド・カードでは有料(税込3,300円 / 年)になる。メンバーシップ・リワード・プラスを継続するか、いったん解除するかを尋ねられるので、事前に考えておく必要がある
    • 直近でポイントを何かに交換する予定がある場合→継続した方が良い(ポイントの交換レートが変わるため)
    • Amazon/JAL/HISなどボーナスポイントプログラムの対象店で高額な買い物を行う予定がある場合→継続した方が良い(ポイントが3倍になるため)
    • 上記のいずれでも無い場合→いったん解除する方が良い(コストを下げられる)

メンバーシップ・リワード・プラスを継続するかどうかは、こちらのページをご覧ください。

さらに細かい情報は以前の記事をご覧ください。

ダウングレード手続き後の変化

電話でダウングレードしたい旨を伝えた後にどうなるかを、現在分かっている範囲で時系列で記します。タイミングによって若干前後する場合があります。

2日後:Apple PayやiPhoneアプリの表示が変わる・プラチナウェブに入れなくなる

iPhoneのアメックスアプリや、iPhoneにApple Payとして登録しているカードのデザインが、切り替え後のカードに変わります。また、プラチナ・ウェブに入れなくなります。

なお、タイミングによってはアプリ上でポイントが見えない or 0ポイントになっているように見えます。これはシステム処理中の一時的なものであり、翌朝見たらポイントが引き継がれていました。

5日後:メタル製カード返送用の封筒が送られてくる

メタル製カードをアメックスに返却するための小さな封筒が送られてきます。

7日後:切り替え後のカードが送られてくる

切り替え後のカード(今回はグリーンカード)が速達郵便で届きます。なお、本人確認や手渡し無しで、普通の郵便物と同様にポストに投函されていました。

なお、プラチナ・カードを手放したことにより、ホテル会員(マリオットやヒルトン系列)のステータスもゴールド会員から一般会員に下がるはずです。しかし、新型コロナウイルスへの対応として、各ホテルでステータス延長の特別措置が行われているためか、ダウングレード後1ヶ月の時点では変化がありません。

終わりに:プラチナ・カードはまた狙ってみたい

今回は社会情勢などによりプラチナ・カードを手放しましたが、それまではアメックスのサービスには満足していました。

なお、今回はグリーンカードに切り替えたので、得られるサービスはアメックスとしては最低限になります(とは言っても他社のカードのゴールド・カード並のサービスですが)。私の場合はポイント交換を行ったことがあり、ポイントが無期限になっているため、当面の間はアメックスのグリーンカードをメインに使ってポイントを淡々と貯めていこうと思います。しばらく使ってみて、コンシェルジュが欲しくなったりしたら、年会費が比較的安いJCBプラチナかラグジュアリーカードチタンを追加で持つ予定。

状況が変われば、再度プラチナ・カードを得てみたいと思います。

ところで、ホテルに泊まったりタクシー代をカードで支払ったりするときに、領収書にサインを求められるときがあります。この時にサラッとサインを書くことができたらカッコ良いですよね。良いカードを持って良いホテルに泊まるなら、身だしなみの一つとして、良いサインを作るのも良いと思います。