モクシー大阪本町は面白いホテル【2019年3月時点でゴールド会員の朝食は有料】

ホテル

マリオット系列のモクシー大阪本町(Moxy Osaka Honmachi)に泊まりました。

モクシー大阪本町とは

Moxyとはマリオット系列の中で安価かつ若者向けのオシャレなホテルで、日本には東京の錦糸町と大阪の本町にあります。モクシー大阪本町は、錦糸町に続いてできた日本で2番目のMoxyブランドのホテルで、地下鉄 堺筋本町駅の近く。出張のサラリーマンの利用は少なく、海外からの観光客(特に若い人)が多かったように思います。

ホテルの雰囲気

お部屋は他のマリオット系列ホテルとは違った意味でオシャレです。渋谷のインターネット系企業のオフィスのようでした。パッと見で部屋にテーブルが無いように見えますが、実は椅子やテーブルは壁にかかっています。またお風呂はバスタブはなくシャワーのみです。スリッパは常備されています。また小型の冷蔵庫もありました。

エントランスにもテーブルやソファが設置されています。朝食時にテーブルとして使っている人もいました。

スポーツジムがある

嬉しい点として、2階に24時間営業のスポーツジムがあります。この価格帯の大阪のホテルでジムが付いているのは珍しいかと。出張生活をしていると外食やホテルの朝食バイキングを利用することが多く不摂生になりがちなので、ストレス解消も兼ねて運動しましょう!ランニングマシンやダンベルのほか、サンドバッグがあります(もちろんグローブも常備)。私はこのホテルで人生で初めてサンドバッグを使いましたが、なかなか面白いですね(笑)。なお、ジム内にタオルと水は常備されていますが、スポーツウェアやシューズの貸出はしていないので持参が必要です。

ここまで見ていて想像できるかもしれませんが、オシャレな若者向けのデザインになっているため、スーツだと若干浮きます。出張で使う場合は、カジュアルな服も持ってきたほうが良いと思います。

マリオット ゴールド会員の特典

すみません、記憶ベースでしかないのですが、Marriott Bonvoy ゴールドエリート会員には次の特典があったように思います。

  • レイトチェックアウトまたはボーナスポイント
  • 1滞在中バーでドリンク1杯が無料… ゴールド会員だと選べるメニューが増えます。なお「1泊」ではなく「1滞在」あたり1杯なので注意!
  • 部屋のアップグレード …ただし部屋の種類やグレード差が少ないので、あまり意味がないと思います。また、クラブラウンジやスイートルームはそもそも存在しません。

注意として、朝食はゴールド会員だと有料です。また朝食の内容が増えるといったこともありません。インターネットで調べるとゴールドエリート会員は朝食無料という記述がいくつかのブログで見られますが、これらの情報は古くなっており、2019年3月の時点では有料になっているので注意!なおプラチナエリート会員以上なら朝食無料と書いていた気がしなくもない(←未確認)ので、プラチナ会員以上の方はホテルに尋ねてみてください。

アクセスや周辺の食事処

公式には最寄り駅は堺筋本町駅となっていますが、本町駅(御堂筋線など)や北浜駅(堺筋線)からも歩いていける距離です。ただし本町駅は構内が広く複雑なため、出口には注意しましょう。

付近はオフィス街ですが、夜に食事ができるところも探せばあります。特に北側(北浜駅方面)に少し歩いただけでも、珈琲店(コメダ珈琲など複数)、うどん屋、ラーメン屋、すき家、餃子の王将など、出張で使っている人にとっても手頃な価格で夕食を取る事ができます。もちろん居酒屋もあります。個人的には、近くにある「淡路町 女将小町」なる料理店が複数入ったビルが気になるところ(←後日、中のお店の1つに入ってみました。女将小町という名前ですが、店主が男性のお店もあるのでご注意(笑))。

こんな場合にオススメ

マリオット系列でイメージする「高級」「ゆったり」とはかなり趣の異なるホテルで、このイメージを目的としていくと「思ってたのとぜんぜん違う!」となりますが、これはこれで面白いホテルです。また価格帯もマリオット系列としてはかなり安い方なので、一般のサラリーマンの出張でも選択肢に入ると思います。

  • オシャレさを優先したい(確かにインスタ映えはする)
  • 気分を変えたい(普通のホテルでこんな雰囲気のものはない)
  • マリオット系列のホテルに安く泊まりたい(サラリーマンの出張利用の他、ホテル修行やマリオット プラチナチャレンジのコストを下げられる)

という場合にはオススメです。