楽天カードは自動音声で、dカードは電話でのやり取りで解約する

クレジットカード

タイトルの通り、楽天カードとdカード(NTTドコモのクレジットカード)を2019年8月中旬に解約したので、その時の様子を記します。なお、どちらのカードもゴールドカード等ではなく一般カードです。

楽天カードは自動音声だけで解約できる

楽天カードは何年も前に作りました。年会費無料で楽天で買い物をするとポイントも貯まるので持っていてもデメリットは無いのですが、楽天を使うことがほとんど無いので、クレジットカードの整理のために解約することにしました。

解約手順

楽天カードを解約するには、コンタクトセンターに電話します。いくつか番号がありますが、解約の場合は自動音声専用ダイアルではなくコンタクトセンターに電話します。コンタクトセンターは9:30〜17:30のみの営業で、フリーダイヤルではないので電話料金が発生します。

お問い合わせ
楽天カードのサービス詳細やお手続きなど、お客様からのお電話でのお問い合わせは楽天カードコンタクトセンターにて承っております。営業時間はコンタクトセンター9:30~17:30、自動音声専用ダイヤル24時間年中無休です。

さて、ここに電話をかけると、(自動音声専用ではなくても)まずは自動音声が流れます。担当オペレータに振り分けるのだろうと思ってガイダンスに従ってボタンを押していくと、最終的には自動音声のアナウンスだけで解約が完了してしまいました!コンタクトセンターにかけたのに、人間のオペレータに話すことなく終わったので、違和感を持つ人もいるかもしれません。なおネット上の情報によると、人によっては自動音声だけでは終わらないこともあるそうです。時期の問題なのか、何かしらの条件があるのかは不明です。

なお、解約証明書が必要な場合は、解約時に郵送を依頼することもできるようなので自動音声のアナウンスをよく聞いてみてください。

これだけ見ると「コンタクトセンターではなく自動音声専用ダイアルで解約できるのでは?」と思うかもしれません。実際、私ははじめは自動音声専用ダイアルに電話をかけたのですが、こちらでは解約ができません(解約の場合はコンタクトセンターの番号にかけ直すようにアナウンスされる)。必ず、自動音声専用以外の番号にかけましょう。

手続きは数分で完了

上記の通り、人間のオペレータに代わることはなくすべて自動音声の案内だけで手続きは完了しました。「とても混雑しやすい時間」と書かれていた時間帯に電話したのですが、そもそも人間と話してないので電話待ちになることはなく、数分で手続きは完了しました。

すべて自動音声であれば、オペレータ待ちによる待ち時間が発生しないので、(特に楽天カードのコンタクトセンターは通話料有料ということを考えると)楽天にも利用者にもメリットだと思います。

dカードは人間のオペレータと話して解約する

dカードはドコモの携帯電話の料金支払いだけのために使っていましたが、格安スマホに変えてドコモの携帯電話を解約しました。このままdカードを使わずに放置するとdカードの年会費が発生する(←電話料金支払いなどで利用している限りは無料)ので、dカードも解約することにしました。

解約手順

dカードの場合は、自動音声専用ダイアルというのはなく、普通にdカードセンターに電話をかけて解約します。楽天カードと異なりフリーダイヤルなので、電話料金を気にせずかけましょう(笑)

dカード | 解約のお手続き
解約のお手続きは、お電話で承っております。0120-227-360

こちらもはじめは自動音声のガイダンスに従ってボタンを押していくと、人間のオペレータに代わりました。本人確認用の質問に答えていけば解約完了です。「もしよろしければ…」という形で解約理由が聞かれるので、差し支えなければ答えましょう。私の場合は上記の理由を答えたら、特に引き留めはありませんでした(この理由だとドコモ側としても引き留めが難しいですし…)。

こちらも手続きは数分で完了

こちらは人間のオペレータとの会話があるので、時間帯によっては待たされる可能性があります。私は平日の午前中に電話したのですが、待ち時間はほぼ無くオペレータに代わったので、こちらも手続きは数分で完了しました。老舗キャリアだけあってオペレータが多いのか、たまたま運が良かっただけなのかは分かりません。

dアカウントは残るため不要なら廃止する

上記の通りドコモの携帯電話は解約済みで、dカードも解約したのですが、dアカウントというドコモ関係のアカウントは、たとえ他の目的で使っていなかったとしても残ります。もし不要であれば、パスワード等が漏れた場合に悪用される危険性がゼロではないので、アカウントを廃止してしまいましょう。詳しい手順はdアカウントのサイトに行けば分かると思います。

(実は身に覚えのない2段階認証のメールが届いた経験があります。2段階認証しているので不正アクセス等の実害は多分無いのですが、気分の良いものではない…きっと狙われやすいサイトなのでしょう。)

終わりに:楽天カードとdカードを解約した感想

たまたま異なる会社のカードを解約しましたが、会社の方針によって業務フローが大きく違うと思いました。さすが楽天は日本を代表するインターネット系企業の1つであり、コンタクトセンターの通話料が有料なのは少々残念ではありますが、解約が自動音声だけで行えるのは予想外でした。

一方、ドコモはNTTという老舗すぎる組織が母体となっているだけあって、定番の業務フローでした。センターがフリーダイヤルなのは、電話会社だからこその良心と言ったところでしょうか。