エクスプレス予約(EX予約)で新幹線を乗り遅れたりキャンセルを忘れたときの損失

飛行機・鉄道

東海道・山陽新幹線の指定席をエクスプレス予約(EX予約)で予約したのに乗り遅れたり、そもそも乗るのを忘れて予約した日を過ぎてしまった場合にどうなるかを調べてみました。

予約した列車に乗り遅れたが、当日中に乗るつもりの場合

エクスプレス予約は列車の発車数分前まではスマホ等で自由に変更できるので、乗り遅れそうになった場合は予約を変更すれば良いです。しかしギリギリすぎると変更や払い戻しができないですし、年末年始やお盆の時期は変更しようにもすべて満席ということもあるため、変更できずに乗り遅れることもあり得ます。

その場合、「EX早得」などの早得商品を除いて、同一日の同一区間の、後続の新幹線の自由席に乗ることができます。つまり、取るべき行動は…

あとから来る新幹線の自由席に当日中に乗る。

この場合の手続きは不要です。またエクスプレス予約ではなく窓口や自動券売機で紙のきっぷを買ったときと同じ扱いです。

参考:エクスプレス予約のFAQ - 予約していた列車に乗り遅れた場合は?

ただし、早得商品の場合は自由席であっても指定した以外の列車には乗ることができないので、新しく切符を買い直す必要があります。(この場合に無駄になった早得商品の切符の扱いは次の節を参照)

当日中に後続列車に乗れない場合・キャンセルを忘れていた場合・そもそも乗る予定が無い場合

レアケースだと思いますが、次のようなことが起こることもあり得ます(私は経験あり)。

  • 乗り遅れたのが終電だった場合(当日中の後続列車が存在しない)
  • 早得商品で乗り遅れた場合(当日中の後続列車の自由席に乗れない)
  • そもそも予約していたことを忘れており、キャンセルするのを忘れていた場合(例1: 旅行する予定で前もって新幹線だけ予約していたものの、旅行がキャンセルになり、その際に予約していた新幹線を取り消すのを忘れたとき。例2: 新幹線を予約していたのに飛行機など別の手段で移動したとき)

この場合できっぷを受け取っていなければ、取るべき行動は…

翌日以降に自動的に払い戻されるのを待つ。乗る必要がある場合は切符を買い直す。

この場合は「列車発車後に払い戻しを行った」という扱いになり、「一定額」を差し引いた金額が自動的に払い戻されます。この「一定額」は自由席の場合は310円、指定席の場合は利用区間ごとの「特定額」であり、「特定額」は例えば東京・品川〜京都・新大阪・新神戸間の場合は4,820円、東京・品川〜名古屋間なら4,050円になります。

そのため、例えば東京〜新大阪間の指定席を予約しておきながら乗り忘れた場合に無駄に捨てる金額は、13,370円ではなく4,820円になります。それなりに痛い金額ですが、損失は半分以下に抑えられます。これが自由席だと310円になるはずなので、基本的に自由席のメリットがない(金額が自由席も指定席も同じ)EX予約の中で、珍しく自由席のほうが有利ということになります(その前に乗り忘れるなという話ですが)。

参考:エクスプレス予約のFAQ - 予約を利用しなかった場合は?

なお早得商品だった場合やグリーン車を予約していた場合などは「特定額」が多少変わるので、詳しく知りたければ次のページを見てください。

予約した新幹線を払い戻す|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約
新幹線の予約・変更・払戻方法について、スマートフォン、パソコン、携帯電話での操作手順を説明します。また、ICカードを使った乗車方法や、きっぷの受取方法についても説明します。

ちなみに、上記のケースできっぷを受け取っていた場合(滅多にないと思いますが、終電に乗るために発車時間ギリギリに改札を通過したものの、ギリギリ過ぎてホームにたどり着く前に終電が出発してしまった場合など)は、自動的な払い戻しは行われないため窓口で手続きする必要があります。

予約した新幹線を払い戻す|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約
新幹線の予約・変更・払戻方法について、スマートフォン、パソコン、携帯電話での操作手順を説明します。また、ICカードを使った乗車方法や、きっぷの受取方法についても説明します。