庭園が美しい足立美術館に行ってきた

観光スポット

島根県にある足立美術館に行ってきました。

足立美術館とは

島根県の安来市にある美術館です。広大かつ美しい庭園が有名ですが、横山大観の絵画作品が多数展示されていることでも知られています。北大路魯山人の陶芸作品や童画の展示もあります。

足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ART
日本美の粋を極める足立美術館の公式サイト。美しい日本庭園や、横山大観をはじめとする近代日本画、北大路魯山人らの陶芸、童画などの収蔵品。心の散歩をお楽しみ下さい。

アクセス

公式サイト上で案内されている駅はJR山陰本線の安来(やすぎ)駅です。地図を見ると隣の荒島駅の方が近いように見えますが、安来駅の方が特急「やくも」や「スーパーおき」、そして「サンライズ出雲」も停まったりして便利です(もっとも、松江駅や米子駅から行くのであれば、特急ではなく普通列車でも大して時間はかかりませんが)。

また、安来駅からは無料シャトルバスが出ています。なお、新型コロナで特急列車が減便したりするとバスも減便になることがある(私が行ったときはそうだった)ので、時刻表は必ず確認するようにして下さい。

無料シャトルバス | 足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ART
日本美の粋を極める足立美術館の公式サイト。美しい日本庭園や、横山大観をはじめとする近代日本画、北大路魯山人らの陶芸、童画などの収蔵品。心の散歩をお楽しみ下さい。

入館料の支払い方法

現金だけではなくクレジットカードでの支払いが可能です。実際、私はアメックスで決済しました。

館内に大型ロッカーあり

館内の受付のあたりにロッカーがあります。大型ロッカーもあるので、キャリーケースを持っている方も手ぶらで展示を楽しめます。

館内の様子

入口を入って少し行くと、北大路魯山人の陶芸コレクションの部屋への通路があります。その先に行くと、美しい日本庭園が目に飛び込みます。この日本庭園に直接入ることはできませんが、ガラス越し、または直接、眺めることができる場所が何箇所かあります。

館内に入ってしばらく進んだ場所からの長め

先に進むと、庭を直接見ることができるようになります。

館内の奥の方からの眺め(ガラス越しではなく直接見える)

茶室の近くには「生の掛軸」といった作品(というか仕掛け)もあります。

「生の掛け軸」:掛け軸の中の絵に見えるのは実際の庭園

ちなみに館内で飲食可能な場所として、喫茶室(カフェ)が2箇所と茶室1箇所の、合計3箇所も存在します。

喫茶室 | 足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ART
日本美の粋を極める足立美術館の公式サイト。美しい日本庭園や、横山大観をはじめとする近代日本画、北大路魯山人らの陶芸、童画などの収蔵品。心の散歩をお楽しみ下さい。
茶室 | 足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ART
日本美の粋を極める足立美術館の公式サイト。美しい日本庭園や、横山大観をはじめとする近代日本画、北大路魯山人らの陶芸、童画などの収蔵品。心の散歩をお楽しみ下さい。

順路どおり進むと、庭園を見たあとに本館2階の絵画コレクションを楽しむことができます。

館内はそれなりに広いため、ちゃんと作品を見るには少なくとも1時間は欲しいところです。時間があれば喫茶室でコーヒー等を飲みつつ、庭園を眺めるのが良いでしょう。