アメックスのエアポート送迎サービスは、お得かつ安全に高級車で移動できる便利なサービス

アメックス

アメックスの旅行関係の特典の一つに、エアポート送迎サービスというものがあります。空港まで車で送迎するというものですが、タクシー会社が提供する空港定額タクシーと比べて実はメリットが大きいものです。

以前の旅行で利用したことがあるので、どのようなものだったかを記します。

エアポート送迎サービスとは

アメックスのトラベルデスクで海外旅行を手配すると、自宅と空港(羽田空港・成田空港・関西国際空港・中部国際空港)の間を提携タクシー会社(MKタクシー)の車で送迎してもらえるサービスです。

エアポート送迎サービス - アメリカン・エキスプレス・カード|アメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレス・カードのエアポート送迎サービスについてご案内します

海外旅行の場合、荷物が大きくなることが多いので、車での送迎があると楽です。特に、時差が大きい地域からの帰国時は、長時間のフライトや時差ボケなどで疲労困憊になっていることも多く、駅までたどり着くのも大変だったり、電車に乗ったとしても最寄り駅で目覚めるかが不安だったりします。特に運悪く通勤ラッシュ時間帯に移動が重なってしまうと、大きい荷物を持った状態での電車移動は大変です。また自家用車で帰るとしても、居眠り運転になりかねないので危険です。

そんな中で、空港から自宅まで送迎があると、爆睡していても自宅までたどり着けるので非常に便利かつ安全です。

利用条件

後で記しますが、このサービスは思った以上に便利です。ただし利用には条件があります。

エアポート送迎サービス - アメリカン・エキスプレス・カード|アメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレス・カードのエアポート送迎サービスについてご案内します

アメックスが手配した海外旅行のときのみ

アメックスのトラベルデスク(グリーンカード・ゴールド・カードの場合はHIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク、プラチナ・カードの場合はコンシェルジュ)経由で旅行を手配し、なおかつ海外旅行でなければなりません。

利用は年2回 or 年4回まで

このサービスを利用できるのは、グリーンカードだと年2回、ゴールド・カードやプラチナ・カードは年4回(いずれも片道を1回とカウントする)までです。

自宅〜空港の往復で利用する(2回分)ことも、行きまたは帰りの片道だけ利用する(1回分)ことも可能です。個人的には帰りに利用するのがおすすめですが、行きが深夜または早朝のフライトのときに使うのも便利でしょう。

片道航空券では利用不可

あまりないケースだと思いますが、航空券の片道だけアメックス経由で取った場合はこのサービスを利用することはできません。片道分のチケットを、アメックス経由ではなく、航空会社のサイトからマイルの特典航空券を取った場合などが該当します。

空港定額タクシーとの違い

様々なタクシー会社が、空港までorから定額で送迎するサービスを行っています。これとの違いについて記します。

格安で利用可能

東京MKの空港定額サービスと比較してみます。

空港送迎料金 | Tokyo MK

例えば成田空港から品川駅周辺(港区)に送迎してもらう場合、基本料金として22,500円かかります。さらに、高速料金や、ミーティングサービス料金(駐車料金含む)3,000円を加えると、30,000円近くかかります。(時間帯によっては早朝料金も別途必要)

一方、アメックスのエアポート送迎サービスの場合、行き先とカードの種類によって金額が変わりますが、東京23区内であればグリーンカードで14,000円、ゴールド・カード以上で10,000円です。しかも、高速料金やミーティングサービス料金も含めてこの値段なので、通常の空港定額タクシーの1/2〜1/3で利用できます。これは格安です!

「格安とは言っても1万円 or 1.4万円かかるのか」と思うかもしれません。例えば成田空港〜品川駅を電車(成田エクスプレス利用)で移動した場合、1人あたり3,250円なので、1人で移動する分なら電車の方が安いです。しかし、2人以上で移動するなら電車代は人数分かかり金額上のメリットが薄れますし、大人4人なら電車の方が高くなります。また、とにかく楽なことを考えると、2人以上の場合は金額差を考えてもエアポート送迎サービスの方が良いと思います。

ちなみに、もっと安く抑えたいなら特急を使わず運賃だけで利用可能な電車のみを利用したり、高速バスを併用したりする方法もありますが…空港からホテルにバスで直行するような場合を除いて、特に長時間のフライトの後は体力的に辛くなるので、アメックスを持とうと思う人なら断然エアポート送迎サービスがおすすめです。

ハイヤー仕様の高級車が来る

「提携タクシー会社の車で送迎」と書くと、普通のタクシーが来るようなイメージですが、実際にはハイヤーで使うような高級車が来ます

MKタクシーの場合は、普通の空港定額タクシーでも高級車が来るようになっているようですが、アメックスのエアポート送迎サービスで依頼した場合は、空車表示などに使われるライトもないハイヤー仕様の車が来ます。Uberの車をイメージすると良いかもしれません。

実際に利用してみた

2年ほど前にプラチナ・カードのコンシェルジュ経由で成田空港着の海外旅行を依頼したので、帰国時にエアポート送迎サービスを使ってみました。

帰国して制限エリアから到着ロビーに出ると、名前を書いたプレートを持った運転手さんが待っていました。合流後、運転手さんが到着ロビーから車まで荷物を運んでくれます。

駐車場に行くと、黒塗りのレクサスが停まっていました。「提携タクシー会社の車」と書かれていたのでタクシーだと思いこんでいたので、これには驚きました。

そして後部座席に乗り込んでみると…なんと後部座席にマッサージ機能が付いていました!電動レッグレスト付きのアルファードに乗ったことはありますが、マッサージ機能は初めて見ましたよ。長時間のフライトの後だったので爆睡でしたが、快適に自宅まで移動できました。

なお、料金は降車時にクレジットカードで支払いになります。

後部座席のマッサージ機能は後部座席真ん中のアームレストで操作可能。確かリアシートリクライニングやの電動カーテンも操作できたはず。

※ 今回はたまたま高級なレクサスが来ましたが、車種は指定できないので、必ずしもこの車が来るとは限りません。ご留意ください。

終わりに

アメックスのエアポート送迎サービスは、電車よりは高いですが、便利さを考えるとメリットが大きいです。特に、一般的な空港定額タクシーと比べると半額以下の格安で利用できるので、海外旅行の終わりを快適に過ごしたい方は是非利用しましょう。

ところで、良いホテルや良い料理を楽しんだ後の支払いは、良いカードで締めたいですよね。アメックスのカード、特にプラチナ・カードを持つことで、サラリーマンでも一気に人生経験を豊かにすることができました。


今ならカード申し込み後の利用で最大40,000ポイント獲得可能!
サラリーマンが持つカードの最高峰クラス。
申込みはこちらから…