飛行機・鉄道

マカオ・タイパから香港へのフェリー移動(コタイウォータージェット)

マカオから香港に移動する際に、フェリー(コタイウォータージェット)を使用しました。

マカオから香港への移動方法

マカオから香港に移動する方法として、バス、フェリー、タクシーのチャーター、フェリーなどいくつかの方法があります。おそらく今はバスが流行っているのだと思われますが、フェリーターミナルがマカオ滞在時のホテルに近かったこと、また意外にもバスよりフェリーの方が所要時間が短いらしいという情報1から、今回はフェリーで行くことにしました。

マカオと香港を結ぶフェリーは、ターボジェットとコタイウォータージェットの2つの会社があります。どちらも高速船で似たようなものですが、マカオ側で発着する港が異なります。私はコンラッドマカオに宿泊していましたが、こちらに近いのはコタイウォータージェットが発着する港のため、今回はコタイウォータージェットを使用することにしました。

なお、フェリーと言ってもゆっくり動く船ではなく高速船であり、最高時速は70km/hを超えるようです。

https://www.directferries.jp/cotai_water_jet.htm

事前購入のチケットは、変更や払い戻しができないため、購入の際は日時や発着地を間違えないように注意しましょう。

コタイウォータージェットによるマカオから香港への移動

前提として、コタイウォータージェットのWebサイトでチケットを事前に購入しています。購入すると登録したメールアドレス宛にQRコード付きのチケットがPDFで送られてくるため、これを印刷するかスマホで表示できるようにしておきます。

https://jp.cotaiwaterjet.com/ferry-schedule/hongkong-macau-taipa.html

以前の記事のように、コンラッドマカオに宿泊していました。ここをチェックアウトしたところからスタートします。

乗船前

コタイウォータージェットのマカオ側の港はマカオタイパフェリーターミナルです。2024年1月現在、シェラトングランドマカオの入り口から7〜10分間隔で、タイパフェリーターミナル行きの無料のシャトルバスが出ています。

https://assets.sandsresortsmacao.cn/content/getting-here/lm/lm_bus-schedule_en.jpg

シェラトングランドマカオの入り口にある、タイパフェリーターミナル行きの行列

ホテルを出て10分程度でタイパフェリーターミナルに到着します。

チケットには、チェックインゲートは乗船10分前に閉まると書かれていますが、後述のようにチェックインから先がそれなりに歩くため、出国審査なども考えると、タイパフェリーターミナルには遅くとも出発時刻の30分前までには到着した方が良いです。

マカオタイパフェリーターミナルの外観

入口に入ってしばらく進むと、チェックインおよび出国審査があります。なお飛行機と異なり、キャリーケースの預け入れはなく、船にそのまま持ち込むことになります。

出国審査を通り抜け、広く長い通路(便によって5〜10分程度歩く)を進むと、乗船待合室(Boarding room)に到着します。

出国審査後の通路。これが結構長い(途中でエスカレーターによる上りもある)

乗船待合室の入り口でチケットを見せると、座席指定されます。座席の好みについて特に何も言わなかったのですが、今回は窓側席が指定されました(来た順にアサインしている?)。あとは乗船時刻になるまで待ちます。なお私はコタイクラス(一番安いクラス)のチケットだったのですが、コタイファーストなど上位クラス用のエリアとは簡易的に仕切られています(上位クラス用の方が椅子の間隔が広い)。

乗船待合室(Boarding room)

乗船中

船はこんな感じです。コタイクラスは1階の席に座ります。

こちらのコタイクラスの席は、リクライニングはしませんが、思ったよりフカフカだった印象です。キャリーケースは船の入り口から少し入ったところ(この写真の位置から見て右側外)に荷物置き場があるので、そこに置いておきましょう。また乗船中はシートベルトの着用が必要です。

窓がそこそこ汚れていたり、航行中は波がかかったりするため、眺望はあまりきれいではありません。ただ、香港に近づくと景色が見えるタイミングもありました。今回は特に大揺れはせず、1時間程度で香港に到着。

香港に近づいたときの景色

香港到着後

到着後は香港への入国審査があります。ここでパスポートと共に入国カードのような紙の提出が必要ですが、飛行機と違って船内で配られることはありませんでした。入国審査エリアの端に入国カードと記入台があるため、入国審査に並ぶ前に記入するようにしましょう。(入国審査でパスポートを渡すだけだと、入国カードを書いて列に並び直すように言われる)

なおe-道(e-channel)を利用可能な方は、マカオと香港の両方で専用レーンを利用できたように思います。

香港側の港は香港マカオフェリーターミナルです。これは香港島側であり、九龍半島側に行くには何らかの方法でビクトリアハーバーを渡る必要があります。フェリーターミナルからタクシーに乗る手がありますが、ビクトリアハーバーを渡る場合は通常50 HKD加算されるので地味に高くつきます。安く行くには電車やバスに乗るか、スターフェリー乗り場も近くにあるためこれを利用するのも手です。スターフェリーは頻繁に発着する上に運賃も非常に安く、ビクトリアハーバーの眺めも楽しめます(昔の香港映画などに出てくるイメージ)。

全体的にかかった時間

今回、午前10時発の便に乗りました。9時過ぎにコンラッドマカオを出て、タイパのフェリーターミナルに着いたのは9:10頃。そこから香港側のフェリーターミナルを出たのは11:20頃でした。乗船前後の審査なども含めたトータルの所要時間は2時間強かと思います。

ただ、マカオ側のフェリーターミナルに着くのがもう少し遅くても大丈夫と思われる(私が乗船待合室に着いた時は人がほとんどいなかった)ので、実際には2時間程度でマカオから香港への移動が可能かと思います。

私はフェリーしか使ったことがないので確かなことは言えませんが、バスが意外と時間がかかるという情報が散見されるので、コタイ島側に宿泊の方は今もフェリーは有力な選択肢になると思います。もちろん、香港到着後の行き先などにもよりますが…。

  1. こちらのページによると、途中の乗り換えなどに時間がかかるらしい。

-飛行機・鉄道

error: Alert: Content selection is disabled!!