Google検索で為替レートを簡単に表示する方法

マネー

現在の為替レートを知りたい時に、Google検索で素早く出す方法を記します。

  • 通貨の略称2つを入れるだけで為替レートが表示される(「レート」などの言葉は不要)
  • 順番を入れ替えると逆のレートが表示される

Google検索で為替レートを出す方法

例えば、米ドルと日本円の為替レートを出したいとします。その場合、わざわざ為替アプリやYahoo!ファイナンスなどに行かなくても、Google検索に通貨の略称を入れるだけで為替レートが表示されます。

Google検索で「usd jpy」と入力すると、為替レートが表示されます。

「usd jpy」で検索した結果

通貨の略称をスペースで区切って入力するだけで良いです。「レート」「為替」などと入力する必要はありません。上記の図の時点では、1ドル = 109.70円だったようです。

見てのとおり、現在の為替レートが表示されるほか、為替レートの推移グラフも表示されます。期間も変えられるので、推移を手早く調べるには便利です。

また、数字の部分を直接入力して変更することも可能です。例えば、上図の「1」の部分を「500」に変えると、500ドルが何円かが表示されます。手持ちの外貨の日本円での価値を計算するのにも使えます。

入力する順番には意味がある

先ほどは「usd jpy」と入力しました。これの順序を入れ替えて「jpy usd」と入力するとどうなるのでしょうか?

「jpy usd」で検索した結果

このように「1円 = 0.0091ドル」と表示されます。

1つ目の通貨1単位につき、2つ目の通貨が何単位必要なのかが表示される仕組みになっています。日本円と外貨の為替レートを出したい場合は、これだと分かりにくいので、必ず「外貨 jpy」の順で入力するようにしましょう。