飛行機・鉄道

JGC修行3日目(羽田→那覇→羽田)

2022-10-09

JGC修行3日目の記録です。前回の羽田〜新千歳の往復のFOP単価が思いのほか高かったので、今回はJGC/SFC修行の王道ルートである羽田〜那覇の往復を行ってみました。

JGC修行3日目の行動

例によって子どもを保育園に連れて行った後に羽田空港に到着。

今回乗る便は那覇到着が14時前になり、このままだと機内で空腹に悩まされるのは目に見えている(この便は国内線ファーストクラスではなくクラスJなので機内食が出ない)ので、羽田空港にあるお店でおにぎり2つと味噌汁のセットで昼食その1を取る。

おにぎりのお店

お腹が減ったので、マイラー界隈では有名(?)な空港食堂へ。空港職員向けの食堂の面もあります(そのためか、微妙に分かりにくい場所にある)が一般の観光客も利用可能で、お昼どきを過ぎた14時前後でも店内はそれなりに混雑していました。

空港食堂外観

初の空港食堂だった&数年ぶりの沖縄だったので、「ベタに沖縄らしいものを」ということでゴーヤーチャンプルー定食を注文。

汁物をミニそば(ソーキそば)に変更し、ご飯をジューシー(沖縄の炊き込みご飯)に変更したため、沖縄料理を3品一度に食べることができました。これだけ色々付けても860円なので安い!

ゴーヤーチャンプルー定食+ミニそば変更+ジューシー変更で860円

帰りの便まで2時間程度時間が空いたので、空港を出て少し探索してみることに。まずはモノレール(ゆいレール)の駅に向かいます。

那覇空港駅からの眺め

ベタに首里城を見に行こうかと思ったのですが、首里城をちゃんと見るには微妙に時間が足りない気がした(帰りの飛行機に乗る前にリモートで会議に入る必要があったため)ので、おもろまち駅で降りて沖縄県立博物館・美術館へ。おもろまち駅の直近にあるTギャラリアのタクシー乗り場でタクシーに乗って数分。徒歩なら15分程度で着きます。

沖縄県立博物館・美術館。何というか…美術館というよりは要塞や砦のように見える。

時間の余裕がなく流して見た感じですが、博物館はなかなか興味深い展示が多かったです。

おもろまち駅から那覇空港に戻り、保安検査場へ。帰りは国内線ファーストクラスだったのですが、ファーストクラス用の入口が角度の関係で柱で隠れてしまっており、遠目では少々わかりにくかったです。一般用や平JGC / JMBサファイア用のレーンの奥にあります。

ダイヤモンドプレミアラウンジの食事のメニューは大きくは他のDPラウンジと変わりません。ただ、泡盛が置かれていました。

左側に泡盛がある

また紅芋のパンもありました。これも那覇空港限定で、沖縄の企業が作っているものです。

Jimmy'sの紅芋パンがある
泡盛は飲みやすいものでした。
日差しが強いためか、薄くカーテンが降りています(他の空港だと遮るものが無い)。

ちなみに、ダイヤモンドプレミアラウンジは入り口から見て奥〜右側に空間が広がっていますが、実は左の奥にも空間があります。正直なところ知らないと分からないようなレベル(一応、案内板には記載がありますが)で、後から無理やり付けたような感がありますが、左側にあるお手洗いに通じる廊下を突っ切っていくと下のようなスペースがあります。ドリンクも最小限しか無いのですが、人も少ない(というか居なかった)ので、目に入るエリアが混雑しているときはこちらを使うのも良いでしょう。

お手洗いへの廊下の奥にあるスペース
夕食は機内食にて。
駅メモ!での行動履歴

JGC修行3日目の獲得FOP

例によって、この表のFOPは、2022年のFOP2倍キャンペーンを適用した場合の計算です。

区間座席クラス運賃種別獲得FOP
羽田→那覇クラスJ株主割引 (75%)3,744
那覇→羽田国内線ファーストクラス株主割引 (75%)5,320
合計9,064

今回、修行で沖縄路線を初めて使ったのですが、獲得できるFOPが圧倒的に多いですね。今回は日程が迫っていたので株主優待券を買い込んで株主割引料金を予約しましたが、先の日程であれば(先得ではなく)特割でも異様に安いことがあります。これは確かに修行僧に人気だなと実感できました。

Next: JGC修行4日目(羽田→那覇→宮古→那覇→羽田)

-飛行機・鉄道
-,

error: Content is protected !!