高知空港にラウンジは無いので待ち時間の過ごし方を考えてみた

飛行機・鉄道

高知空港(高知龍馬空港)から飛行機に乗るまでに時間が余ったので、時間つぶしの方法を考えてみました。

ラウンジがない

先に結論を書くと、高知龍馬空港にはラウンジがありません

空港にあるラウンジといえば、航空会社のラウンジやカードラウンジなど色々ありますが、残念ながら高知龍馬空港にはいずれのラウンジもありません。このことはFAQにも書かれています。厳密に言えば有料待合室というものはあるのですが、説明を見る限りどうやら団体向けの部屋であり、個人が気軽に利用するものではないように見えます。実際、私が高知空港に行った時に2Fロビーから見ると、少なくともその日は部屋の扉は閉まっており、中を見ることができるようにはなっていませんでした。

どうやって時間をつぶすか

無いものは仕方がないのでラウンジを使うのは諦めましょう。そこで、こんな感じで時間を潰してはどうでしょうか。

3Fの送迎デッキ(無料)で景色を眺める

実は3Fにひっそりと送迎デッキ(展望デッキ)があり、離着陸する飛行機の様子を眺めることができます。

ターミナル内にある椅子に座って本でも読む

お金を一切使わないし、実際のところ席が空いていればこれが一番楽かもしれません。

空港内にあるレストラン等で飲食する

レストランやら喫茶店やらいろいろなお店があります。喉が乾いていたりお腹が減っていたりしたらこちらの方法で。

お土産屋でおみやげを買う

時間つぶしに眺めるのでも良いと思います。自分へのお土産を買うのもよいかと。ちなみに私は他人へのおみやげは極力買わない派です。

そもそも空港ではなく高知市内で時間をつぶす

大幅に時間が余ることがはじめから分かっているのであれば、空港ではなく高知市内で時間を潰したほうがよいかもしれません。

例えば高知駅から空港へは、高知南国道路を使えばスムーズに行けば自動車で30分程度で行くことができるので、高知市内で買い物などしましょう。なお、高知南国道路のうち高知龍馬空港までの区間が開通したのは比較的最近なので、古いカーナビでは出てこないかもしれません。

将来的にはラウンジができる

高知県庁のホームページを見ると、高知龍馬空港の発展を目指した協議を行っていることが分かりました。

高知龍馬空港・航空ネットワーク成長戦略検討会議 | 高知県庁ホームページ

このページにある「高知龍馬空港・航空ネットワーク戦略(平成31(2019)年3月)」というPDFを見るとラウンジの要望があることは認識されているようで、今後の取組の1つとしてラウンジの整備が含まれています。

また、2021年の供用開始を目指して新ターミナルビルを整備する予定らしく、そこではラウンジも整備するという報道もいくつか見かけたため、2021年にはラウンジができているかもしれません。

2019/12/7追記:2019/9/12に行われた高知龍馬空港・航空ネットワーク成長戦略検討会議の第5回の資料(基本構想(案)中間報告)に新ターミナルビルのフロアマップ案が載っています。これによると新設するラウンジは国内線用のようです。

第5回高知龍馬空港・航空ネットワーク成長戦略検討会議(R元.9.12) | 高知県庁ホームページ

終わりに

上述のとおり、将来的にはラウンジができる見込みです。それまでは空港内の展望デッキを利用するか、高知市内で観光を楽しむかしましょう。

良ければこちらの飛行機関連のページもどうぞ。

ところで、ホテルに泊まったりタクシー代をカードで支払ったりするときに、領収書にサインを求められるときがあります。この時にサラッとサインを書くことができたらカッコ良いですよね。良いカードを持って良いホテルに泊まるなら、身だしなみの一つとして、良いサインを作るのも良いと思います。