飛行機・鉄道

JGC修行を家族に内緒で行うためのプラン

2022-09-11

JGC修行を、家族に内緒で行うための方法を考えてみます。

内緒でJGC修行を行う理由と制限事項

以前の記事に書きましたが、あまり飛行機に乗る機会がない人にとっては、冷静に考えてJGC修行はメリットがありません。

しかしながら、最近になって急遽JGC修行をしようと思い立ちました。詳しくは前のページに書いていますが、概ね以下の理由です。

  • 本記事執筆時点でFOP 2倍キャンペーンが行われている
  • 2023年から運賃体系が変わるので、修行に適した料金のチケットを得られなくなる可能性がある
  • 今まで何度かJGC修行を行うか迷ったことがあり、これ以上迷うのが面倒になった(迷って行わずに後で後悔するよりは、行って後で後悔する方が良い)

そこで、将来の費用対効果は無視して、とりあえずJGC修行を終わらせてしまうことにしました。

ただ…家族公認でJGC修行している人もそれなりに多いように見えますが、私の場合は諸事情により妻(共働き)には内緒でJGC修行を行うことにしました。家族に内緒でJGC修行を行うにあたっては、次のような条件が課されることになります。

修行は平日限定

土日は家族サービスに充てることになるので、土日に修行するのは基本的に不可。そのため、平日に有休をとって修行することになります。

早朝便の搭乗は不可

朝は私が子どもを保育園に送る必要があるので、早朝便への搭乗は不可です。

保育園に子どもを送ってから空港に向かうので、私の場合は羽田空港を最速でも10時半以降に出る便に乗ることになります。羽田〜沖縄を1日に2往復+αするといった旅程は難しくなります。

修行日数の最小化が必要

有休を取るにしても大量に休むわけにはいかないので、修行日数を最小限にする必要があります。

安い料金で飛行機に乗りまくるのではなく、余分にお金がかかっても高FOPを狙える運賃(場合によっては普通運賃など高額な運賃)も使う必要があります。

当日キャンセルの可能性がある

仕事の予定は調整できたとしても、子供の体調は調整できないため、急に子どもが熱を出して保育園に預けられない場合があります。

その場合は、当日に修行をキャンセルして子供の面倒を見る必要があるため、先得など当日キャンセル料が高いチケットは避ける必要があります。

トラブルがあっても当日中に東京に戻る必要がある

修行中の飛行機が欠航等になっても、翌朝には子どもを保育園に送る必要があるため、当日中に東京に戻れるエスケープルートがある空港を拠点に修行するのが望ましいです(最悪、翌朝分を妻にお願いすることもできなくはないですが、隠密修行では極力避けたい)。

具体的には、大阪、福岡、仙台などは同じ都市内に新幹線駅があるため、運悪く悪天候などの理由で空港が閉鎖されても、新幹線で当日中に東京に戻ることができます。一方、沖縄だと飛行機が使用不能になると東京に戻るのは物理的に不可能になります。また北海道やその他の地方空港も新幹線が通じていないため、夕方以降に欠航になると、鉄道がつながっていても当日中に東京に戻るのは厳しいでしょう。

エスケープルートが無い空港を全く使わないのは厳しいですが、できる限りエスケープルートを持つ空港をベースに修行するのが良いです。同じ理由で、当該空港を発着する便が多い空港が望ましいです。

できるだけ色々なルートを使いたい

これは制約と言うよりも完全に個人的な願望ですが…最も効率が良いのは羽田〜沖縄のピストン輸送ですが、どう考えても飽きますし、行き帰りで同じCAさんに会ってしまうという辱めを受ける場合もあるようです(笑)

そのため、単純往復はできるだけ避けて、もし単純往復する場合でも現地に多少は滞在することにして、同じ機で戻るという旅程は避けたいです。

また個人的には機内でマスクを長時間着用し続けるのが苦しいので、定期的に外に出て外したいという事情があり、長距離路線に延々と乗り続けるのも避けたいです。さらに、本ブログのネタ探し(取材)もしたいですし、日本各地の名物も空港内レストランなどで試してみたいので、できれば色々な空港やルートを回ってみたいという願望もあります。

隠密修行の方針

上で書いた制約はなかなか厳しいものですが、この制約下での修行の方針を書いていきます。

運賃は特便割引が基本

先得割引は非常に安いときがあるので、時間があれば先得割引を基本とした旅程を組みたいのですが、上記の通り子供の体調不良による当日キャンセルがあり得ます。

先得割引だと当日キャンセル代は運賃の50%なので、お財布へのダメージが大きいです。一方、特便割引だと当日キャンセル料は運賃の5%なので、まだダメージが少ないです。また、先得割引だとある程度先の日程の便を予約する必要があるため、11月から修行するとかだとスケジュールが厳しいでしょう。

本当に安くするなら、当日キャンセルの確率と先得割引vs特便割引の差額から期待値を出して…ということが必要ですが、特便割引であれば精神衛生上マシです。

なお、先得割引だとFOPの搭乗ボーナスが付かないので、搭乗ボーナス400 FOPを得るためにも特別割引を使うのがベターです。

株主割引も検討

特別割引が売り切れており、普通運賃が非常に高い!という場合、株主割引を使うという手もあります。

これを使うにはJALの株主優待券が必要ですが、これはJALの株主でなくても金券ショップで1枚3,000〜4,000円程度で買うことができます。株主優待券のコストを計算に入れる必要がありますが、運悪く特便割引が使えないときのことを考えて、保険代わりに予め何枚か買っておくのも良さそうです。もし余っても金券ショップで売れば半額以上は回収できます。

場合によっては往復割引やJALビジネスきっぷを使用

1回の搭乗でなるべく多くのFOPを稼ぐ必要があります。

特便割引だとFOPは区間マイルの75%になりますが、往復割引やJALビジネスきっぷであればFOPは区間マイルの100%になり、多くのFOPを得ることが可能です。それでいて普通運賃よりは少し安いです。

もちろん特便割引より明らかに高額なのですが、需要が多かったり搭乗日が近づいていたりで特便割引のきっぷが高額になっている場合は、往復割引やJALビジネスきっぷとの差額が小さくなるので、そちらを使う選択肢も出てきます。

なお往復割引やJALビジネスきっぷだと、当日キャンセル料も440円で済むというメリットもあります。

隠密修行のルート案

上記の条件から、羽田空港を朝10時半以降に出る便に乗り、当日中に羽田空港に戻る方法をいくつか考えます。特便割引または株主割引(マイル積算率75%)で、基本的にクラスJに乗る想定。

時間は2022年9月時点のものを掲載しています。10月以降は時刻が異なる場合があります。

以下に記すFOPの計算は、2022年のFOP 2倍キャンペーンを前提とするので、キャンペーンがない通常期の計算とは異なります。

那覇と新千歳を1日で回る

朝10時半以降出発だと羽田〜那覇の2往復は不可能ですが、羽田〜那覇+羽田〜新千歳ならギリギリ可能です(各空港での乗り継ぎも1時間以上あり)。これを1度行うことで、一気に11,760FOPを得られます。

もし羽田〜那覇と羽田〜新千歳のそれぞれ片道をファーストクラスに変更できれば、14,512 FOP得られます!

さらに、羽田〜那覇と羽田〜新千歳のそれぞれ片道をファーストクラスに変更し、すべてマイル積算率100%の運賃(往復割引・JALビジネスきっぷ等)で予約すれば、約18,000 FOP得られます。3日あればJGC修行が終わる計算になるので、金に糸目を付けずにとにかく時間を節約したい人にはおすすめです。

ただし昼の沖縄と夜の北海道に降り立つことになるので、一日の間で気温が10度以上変わる場合があります。体調管理や服装選びには注意が必要です。

出発到着獲得FOP(75%クラスJ)
10:55 羽田13:45 那覇3,744
14:55 那覇17:30 羽田3,744
18:30 羽田20:00 新千歳2,136
21:05 新千歳22:40 羽田2,136
合計11,760

那覇経由で宮古島に行く

沖縄に行った後、宮古島に行って戻ることができます。羽田〜那覇の単純往復だと飽きるという方であれば、南国の海の景色を楽しむことができます。羽田〜那覇の片道をファーストクラスに変えると、合計が10,000 FOPを超えます。

行きの那覇空港での乗り継ぎが30分しかないため、実のところあまりオススメはできないルートです(最低乗り継ぎ時間ギリギリ)。なお、この乗り継ぎをクリアできれば後は余裕があるため、必要であれば羽田に戻る時間をもっと早めることも可能です。

出発到着獲得FOP(75%クラスJ)
10:55 羽田13:45 那覇3,744
14:15 那覇15:10 宮古1,000
17:00 宮古17:50 那覇1,000
19:50 那覇22:10 羽田3,744
合計9,488

一筆書きで4レグ

単純往復を絶対避けたい・せっかくなので1日で色々な空港を回ってみたい、という方におすすめのルートです。一度に羽田・福岡・仙台・新千歳の4つの空港を回ることができます。

2022年のキャンペーンでは一部のルートのみ追加で500 FOP加算されますが、仙台発着の便がこの対象になっているため、距離の割にはFOPを稼ぐことができます。なお仙台〜新千歳のこの時間の便は普通席しかありません。

羽田〜福岡または新千歳〜羽田をクラスJではなくファーストクラスに変えると、合計が10,000 FOPを超えます。

出発到着獲得FOP(75%クラスJ)
10:55 羽田12:50 福岡2,328
13:55 福岡15:45 仙台3,160
16:55 仙台18:05 新千歳1,904(普通席)
20:10 新千歳21:45 羽田2,136
合計9,528

-飛行機・鉄道
-,