ヒルトン ゴールド会員の客室アップグレードのタイミング【ヒルトン沖縄北谷リゾート宿泊記】

ホテル

ヒルトンのゴールド会員だと受けられる可能性がある客室無料アップグレードができるタイミングについて記します。結論を先に書くと、

前日の朝に無料アップグレードができなくても、前日夕方くらいまで待てばアプリ上でアップグレードできる可能性がある

ヒルトン オナーズ会員とは

世界中にあるヒルトングループのホテルの会員プログラムのことです。

ヒルトンオナーズ特典

ランクに関わらず、会員になるだけで次のようなメリットがあります。

  • 会員向けの割引価格での予約可能(数%程度)
  • ヒルトンのスマートフォンアプリからの予約+前日に部屋番号の指定が可能
  • チェックインカウンターでの会員専用レーン利用可能
  • 朝食時の会員専用レーン利用可能

チェックインカウンターや朝食レストランでは、時間帯によってはかなり混雑することがありますが、会員になっているだけで優先的に案内されるので焦る必要がありません(飛行機の優先搭乗のイメージ)。またスマートフォンアプリから、宿泊する具体的な部屋を指定できるため、エレベータ近くが良いor遠くが良いなど、細かな指定ができます。なお場所の大まかな好みは会員用のWebサイトから予め設定することもできます。

ゴールド会員の特典

ランクが上がるとさらなる特典がついてきます。例えばゴールド会員(1年間に20滞在 or 40泊以上)は部屋の無料アップグレード(但し当日の予約状況による・アップグレードはエグゼクティブルームまで)や朝食無料の特典がつきます。グレードの高いホテルへの宿泊が可能な出張族や、普段からホテルに住んでいるような資産家でない限り、滞在回数や宿泊日数でランクを上げるのはかなり難しいのですが、アメックス・プラチナ・カードやヒルトン・オナーズVISAカードの会員は1泊もしなくてもゴールド会員の資格が無条件で付与されるという特典があるため、一定の収入と良好なクレジットヒストリが有る方は、そちらを利用するのが簡単でしょう。

ちなみに、世界各国に展開するホテルグループには似たような会員プログラムがありますが、ヒルトン オナーズはゴールド会員相当で得られる待遇が比較的良い方です。

ポイントが貯まる

ヒルトン系列のホテルに泊まることで、ヒルトン・オナーズのポイントが貯まります。

これを使うとヒルトン系列ホテルでの宿泊料が割引になるため、「出張で5泊して貯めたポイントでプライベートの旅行でも安くヒルトンホテルに泊まる」と言ったことが可能になります。ポイントの有効期限は、最後にポイントの利用があった日から15ヶ月です。

ちなみに、ポイントを買うこともできます。ポイントを買うことで、有効期限を伸ばすことも可能です。

部屋の無料アップグレードを狙う

友人の結婚式のために沖縄に行ってきたのですが、せっかく沖縄に行くのであれば日帰りではなく1泊しようと思い、会場近くにあるヒルトン沖縄北谷リゾートに宿泊しました。

沖縄のホテルなら【ヒルトン沖縄北谷リゾート】
ヒルトン沖縄北谷リゾートのオフィシャルホームページです。沖縄、北谷での宿泊、レストラン、ミーティングにはヒルトン沖縄北谷リゾートをご利用下さい。

私の場合はアメックスのプラチナ・カードを持っているため、ヒルトン オナーズのゴールド会員になっています。ゴールド会員は、部屋が無料で1段階アップグレードされる可能性があります。ただしアップグレード可否はあくまでも当日の予約状況によって変わるので、アップグレードされないこともあり得ます(エグゼクティブルームやスイートルームなど上位ランクの部屋に確実に泊まりたければ、初めから上位ランクの部屋を予約するしかない)。まずは海が見える中で比較的グレードが低めな、「ゲストルーム(オーシャンビュー バルコニー付き)」を予約しました。

このサイト経由で申し込むと、カード申し込み後の利用で最大40,000ポイント獲得可能! サラリーマンが持つカードの最高峰クラス。
申込みはこちらから…



豪華なグルメ特典が付くゴールドカードもあり。申込みはこちらから…

1週間ほど前にeStanby(有償アップグレード)のメールが届く

宿泊予定日の1週間ほど前に、部屋のアップグレードについてのメールが届きます(基本的に英語のメールになっています)。また、ヒルトンのiPhoneアプリ上で「Request upgrade」を押すことでも表示できます。

ただ、これは無料アップグレードではなく、差額を支払ってアップグレードのリクエストをするeStandby(有償アップグレード)というものです。その時点で受付可能なアップグレード(例:3,000円追加して角部屋にする)を提示されており、確かにお得なオファーがあるのも事実ですが、あくまでも有償であり、ゴールド会員の無料アップグレードとは別物です。

なお、このeStandbyは申し込んでもアップグレードをリクエストするだけであり、実際にアップグレードされるかは当日まで分かりません。予約状況の関係でアップグレードできなかった場合は、差額は発生せず当初の部屋のままになります。なおeStandbyのリクエストは宿泊前々日までならオンラインで変更・取消可能です。

前日にスマホのアプリから部屋を選べる

宿泊予定日の前日の朝(今回の場合は午前9時)に、オンラインでのチェックインを促すメールが届きます。メール内のリンクからWebサイトに行くか、ヒルトンオナーズのスマートフォンアプリからログインすることで、宿泊する部屋を館内図から選ぶことができます。

この段階で、無料アップグレードが可能な場合は当初予約していたグレードより高い部屋もリクエストできるようになっているのですが…私の場合は朝の時点では当初のグレードの部屋しか選択できませんでした。「ナンテコッタイ、無料アップグレード無しか…」と、内心期待していただけに少しがっかりしました。

ただ、他の人のブログ等を見ていると、前日夜や当日になってアップグレードが可能になる場合があるとの記述を見つけました。一旦は仕事に集中し、前日の夕方18時頃に再度ログインすると、なんと「エグゼクティブルーム」のリクエストが可能になっているではありませんか!スイートルームではないものの、最上階にありエグゼクティブラウンジへの入室も可能になっている部屋で、「ゲストルーム」からは通常だと1万円近く高いプランになっています。

結論:前日の朝にアップグレードができなくても、前日夕方くらいまでは待った方が良い

ヒルトン沖縄北谷リゾートにゴールド会員として宿泊

2018年の初夏に実際に泊まってきました。

ヒルトン沖縄北谷リゾートに到着したのはお昼頃。大変紛らわしいことに、道路を挟んだ反対側にダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートがあり名前も場所も似ていますが、別のホテルなので間違えないように注意して下さい!(←ホテル名を正確に覚えていれば問題ないですが、ざっくりと「北谷にあるヒルトンのホテル」とだけ覚えていると、分からなくなるかもしれません)

まず、ゴールド会員なためか、チェックインカウンターの対応が良かったように思います。アプリでリクエストした通り、最上階のエグゼクティブルームになっていました。

客室に入ると、リゾートの外資系ホテルらしい広い部屋で、最上階から海を眺めることができました。ゴールド会員だからなのか、部屋には無料の水とスイーツも置かれていました。その後、エグゼクティブラウンジにも入り、ジュースや軽い食事もできました。ちなみにこの記事のアイキャッチ画像は客室からの眺めです。

朝食をレストランで取るときも、テーブルにゴールド会員であることを示す札が置かれ、美味しいコーヒーがサービスされました。ゴールド会員だと目に見えて分かります。

朝食の後、ふと翌日の朝に室内プールで泳ぎたくなり、しかし水着は持ってきていなかったためレンタルしようとしました。しかし、水着の扱いが朝9時か10時かの開始であり時間が合わなかった(朝から美ら海水族館に行く予定だった)ため断念。買っておくかすれば良かった…。

2019/1/4追記:アプリで部屋を確定した後にアップグレードできることもある

昨年、仕事でイギリスの某ヒルトンホテルに宿泊した際、アプリ上ではアップグレードされる気配がなく、むしろ部屋がどんどん埋まっていってる状態だったので、通常の部屋の中でまだ良さそうな場所をアプリ上でリクエストしていました。

しかし、当日の夕方にフロントでチェックイン時にアップグレードできないか軽く聞いてみると、ラウンジが利用可能な部屋にアップグレードされました。もちろん期待はできませんが、チェックイン時に聞いてみる価値はありそうです。

参考:他のヒルトン系列ホテル宿泊記

よければこちらもご覧ください!

ところで、ホテルに泊まったりタクシー代をカードで支払ったりするときに、領収書にサインを求められるときがあります。この時にサラッとサインを書くことができたらカッコ良いですよね。良いカードを持って良いホテルに泊まるなら、身だしなみの一つとして、良いサインを作るのも良いと思います。