ホテル

【ホテル修行】ホテル別 上級会員の比較【どれを目指すべきか】

2020-01-19

国内外に展開しているホテルグループには有名なものでもいくつか種類があります。

これらのホテルグループには会員プログラムがあり、会員になり年間の宿泊回数を増やすと、会員ランクが上がって様々な特典を得られます。しかし、出張や旅行で年間でホテルに宿泊する回数は限られているので、会員ランクアップを狙うには特定のホテルグループに絞って宿泊回数を稼ぐのが現実的です。

そこで、どのグループの会員を目指すのが良いかを考えてみました。

ポイント

  • 海外によく行く人や国内で潤沢に予算がある人は、ヒルトンかマリオット。どちらか片方だけにするならヒルトンの方が待遇が良い。
  • 国内メインならOne Harmonyが敷居が低くて狙い目
同じ特典でも、得るのに必要なランク(必要宿泊数)に意外と差があることが分かりました。

今回考える5つのホテルグループの会員プログラム

ホテルグループは数多くありますが、ここで扱うのは国内外に展開しているホテルグループのうち次の条件を満たすものにします。

  • 比較的高級とされるランクのホテルを含む
  • 複数のランクの会員制度があり、一定ランク以上でルームアップグレード特典が付く
  • 日本国内に複数件のホテルがある

具体的には、次の会員プログラムについて見ていきます。

  • Marriott Bonvoy(マリオット系列)…マリオット / リッツカールトン / ウェスティン等
  • Hilton Honors(ヒルトン系列)…ヒルトン / コンラッド等
  • Accor Live Limitless(アコーホテル系列)…プルマン / メルキュール / イビス等
  • One Harmony(オークラ ニッコー系列)…ホテルオークラ / 日航ホテル / JALシティ等
  • IHGリワーズクラブ(インターコンチネンタル系列)…インターコンチネンタル / ANAクラウンプラザ / ホリデイ・イン等

特典を得るのに必要な会員ランク

いくつもの種類がある特典のうち、実際に欲しいと思う特典3つに絞って必要な会員ランクを調べてみました。

ルームアップグレード特典

部屋に空きがあれば、部屋が1段階アップグレードするというものです。なお、通常はせいぜいラウンジ入室可能なフロアへのアップグレードまでであり、スイートルームへのアップグレードにはより上位のランクになる必要があります。

会員プログラム 会員ランク 当該ランクになる条件
Marriott Bonvoy ゴールドエリート 年間25泊
Hilton Honors ゴールド 年間40泊
Accor Live Limitless ゴールド 年間30泊
One Harmony ロイヤル(年間5泊分まで) 年間10泊
IHGリワーズクラブ プラチナエリート 年間40泊

これを見ると、One Harmonyは年間10泊でロイヤル会員になれるので、敷居が比較的低いことが分かりました。ただしロイヤル会員の場合はスマホアプリ等でのデジタルバウチャー(2020年3月までは紙のクーポン)が必要で、入手可能なクーポンは年間5泊分だけです。6泊分以上のアップグレードを受けるためには、上位のエクスクルーシィヴ会員(年間30泊必要)になる必要があります。

なお個人的な印象ですが、マリオット系列だとゴールド会員でラウンジ入室可能な部屋にアップグレードされることは少ないイメージです(せいぜい高層階へのアップグレードに留まることが多い。ゴールド会員やプラチナ会員が多いためでしょうか…?)。一方、ヒルトンの場合は比較的気前よくアップグレードされるイメージがあり、ラウンジ入室可能なエグゼクティブルームにアップグレードされることも何度かありました。あくまでも個人的な印象ですが参考までに。

レイトチェックアウト特典

通常は12時が多いチェックアウト時間を、部屋の空き状況次第で無料で延長できるというものです。何時まで延長できるかは空き状況や会員ランクによります。マリオットはゴールドエリートの場合14時までですが、One Harmonyはホテルによりバラツキがあり、他のグループは何時まで延長可能なのか明記されていませんでした。

会員プログラム 会員ランク 当該ランクになる条件
Marriott Bonvoy ゴールドエリート
(14時まで)
年間25泊
Hilton Honors メンバー 0泊(会員登録のみで可)
Accor Live Limitless シルバー 年間10泊
One Harmony ロイヤル 年間10泊
IHGリワーズクラブ ゴールドエリート 年間10泊

意外なことに、Hilton Honorsの場合は会員登録するだけでレイトチェックアウトを受けることができます。これは圧倒的に敷居が低いので高評価です。

ラウンジ利用特典

アルコールを含むドリンクや軽食を自由に食べることができるラウンジへのアクセス権です。このラウンジの軽食で朝食代わりにできることも多いので、食事代を抑えることができます。ただ、食事代の節約もそうですが…3大欲求の1つである食欲をいつでも満たせるというのは気楽で贅沢なものです(睡眠欲も部屋で眠れば良いだけなので、ホテルで満たせないのは性欲だけか)。

会員プログラム 会員ランク 当該ランクになる条件
Marriott Bonvoy プラチナエリート 年間50泊
Hilton Honors ダイヤモンド 年間60泊
Accor Live Limitless プラチナ 年間60泊
One Harmony 該当なし -
IHGリワーズクラブ 該当なし -

さすがにコストに影響する上に、あまりラウンジに人が多く入るとクオリティが下がるので、上位のランクにならなければアクセス権の保証はありません。One HarmonyとIHGリワーズクラブについては最上位のものでもラウンジアクセス権はありません。

ただし、上記のルームアップグレード特典で、ラウンジに入れる部屋まではアップグレードされる可能性があるので、宿泊数を稼ぐか後述の方法でゴールド会員相当になれば、運が良ければラウンジに入れます。

無料の朝食

朝食が無料で付くというものです。ホテルの朝食は高いので、無料になるとかなりお得です。

会員プログラム 会員ランク 当該ランクになる条件
Marriott Bonvoy プラチナエリート
(ウェルカムギフトの選択肢の1つ)
年間50泊
Hilton Honors ゴールド 年間40泊
Accor Live Limitless プラチナ(アジア・太平洋地域のみ) 年間60泊
One Harmony 該当なし -
IHGリワーズクラブ 該当なし -

こちらもコストに直結するので敷居が高いです。ただしHilton Honorsは後述の方法で簡単になれるゴールド会員で無料朝食が付くのでお得です。

ゴールド会員相当に宿泊無しでなる方法

通常は宿泊数を稼がないと会員ランクはアップしませんが、宿泊実績ゼロでゴールド会員相当になる方法が存在します。

クレジットカード発行

特定のクレジットカードを作成することで、無条件で(宿泊0泊でも)なることができます。宿泊回数で地道にランクを上げるのは、2ヶ月以上の出張でもない限り難しいので、仕事での長期出張が無い方はこちらのクレジットカードを作る方が手っ取り早いです。

残念ながら、日本で発行されているクレジットカードのうちサラリーマンでも入手可能なもので、IHGリワーズクラブのランクを宿泊無しで上げることができるものは無いようです。(一応、アメックスのセンチュリオンカードならIHGのプラチナ会員になれるらしいですが、センチュリオンカードの入手難易度が高すぎるので除外)

JALマイルを交換(One Harmonyのみ)

One Harmonyのロイヤル会員は、1年間に10泊または5,000ポイント獲得でなることができます。実はJALのマイルをOne Harmonyポイントに交換することができ、10,000マイルを期間限定で6,000ポイントに交換することができます(通常は10,000マイルを4,500ポイントに交換)。

https://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner/oneharmony/

6,000ポイント獲得すればロイヤル会員になる条件を満たせるので、JALのマイルが余っており有効期限が切れそうな人は、検討してみてはいかがでしょうか。

ホテル会社の株式購入(Accor Live Limitlessのみ)

Accor Live Limitlessについてはアコーホテルズの株式購入+Shareholders' clubへの入会でも、最大で1年間ゴールド会員になれるようです。

アメックス・プラチナのファイン・ホテル・アンド・リゾート特典で代用

上述の通り、アメックスのプラチナ・カードを持っていると、ヒルトンとマリオットのゴールド会員に宿泊実績ゼロでなることができます。

それだけではなく、プラチナ・カード以上についてくるファイン・ホテル・アンド・リゾート特典を使えば、ルームアップグレードやレイトチェックアウトなど、会員になっていなくても実質的にゴールド会員以上の特典を得られます

対象となるホテルは、国内外の指定された5つ星レベルのホテルであり、マリオットやヒルトンに限りません。この記事の趣旨とは異なりますが、プラチナ・カードを持っていれば、実質的にゴールド会員以上の恩恵を得ることができます。

どのホテルグループの上位会員になるのが良いか?

「平日は国内外の出張ばかりで高級ホテルに泊まりまくりなんです!」「夏はリゾート地の高級ホテルで毎年1ヶ月過ごすんです!」というラグジュアリーな人々を除いて、ゴールドよりも上のプラチナ相当の会員になるのは正直なところ非現実的です(マリオットの場合はプラチナチャレンジという手段がありますが、それでも普通の人が気軽にできるものではない)。そのため、上記のクレジットカード発行や年10泊程度の宿泊でゴールド会員になることを考えてみます。

海外出張が年に何度かある人の場合

アメックス・プラチナでMarriotto BonvoyとHilton Honorsのゴールド会員になっておけば、出張先にいずれかのグループのホテルが有る可能性が高く、メリットを受けやすいでしょう。ただし、唯一にして最大の欠点は年会費が高いことですが…。

年会費を抑えたいなら、マリオットかヒルトンのどちらか片方に絞って、SPGアメックスかヒルトン・オナーズVISAゴールド・カードを作成するのが良いでしょう。個人的には、ゴールド会員で朝食無料になるヒルトン系列が狙い目だと思います。

ヨーロッパを中心に回るのなら、ibisビジネスカードを発行するのも1つの手です。

国内出張メインだがホテル代に1泊3万円以上使える人の場合

日本国内の外資系ホテルチェーンは、国内の他のホテルよりも明らかに宿泊費が高いので、普通のサラリーマンが国内出張で使うのはなかなか難しいと思います。しかし、何らかの理由(上級管理職のため制限が緩い、利益率が高い業態なので潤沢に経費を使える、自分自身が社長である等)で旅費に余裕がある場合は、海外出張時と同じくマリオットやヒルトンに泊まることを前提にアメックス・プラチナなどを持つのが良いでしょう。

ただし、日本国内でこれらのホテルがあるのは都市部やリゾート地に限られるので、これらのホテルが無い地方への出張がメインの方は意味がありません。大都市以外への出張が多い方は、中規模都市にもホテルがあるOne Harmonyがおすすめです。

国内出張メインでホテル代に1泊1.5万円〜3万円使える人の場合

モクシーなどリーズナブルなブランドのホテルを除いて、最低でも3万円はないとマリオットやヒルトンに泊まるのは難しいです。しかし、1.5万円ちょっとあればOne Harmonyの日航ホテルやJALシティ(+時期と地域によってはホテルオークラも)には泊まれると思います。

この場合は、One Harmony VISAゴールド・カードを作ってロイヤル会員になると様々な特典を受けることができます。年会費もそこまで高くない(本記事執筆時点で税込1.1万円)ので、何泊かすれば年会費分以上のメリットを得られるでしょう。

またロイヤル会員は年間10泊で条件を満たせるので、国内出張がそれなりにある人なら、クレジットカードを作らずに地道に宿泊実績を稼いでロイヤル会員になるのも現実的に可能かと思います(私も経験あり)。このOne Harmony系列のホテルは、マリオットやヒルトンなどの外資系に比べて国内の各地にあるのも便利です。

なお、この予算レンジではIHGリワーズクラブのANAクラウンプラザなどにも泊まれます。しかしルームアップグレード特典を得るまでの道のりが長い(プラチナエリート 年間40泊)ので、旨みが少なく、個人的にはあまりオススメしません。

終わりに:奥が深いホテルグループ選び

ホテルの中級会員や上級会員と呼ばれるものでも、ホテルグループによって待遇に違いがあることが分かりました。ホテルを使う頻度や使える予算に応じて、場合によっては宿泊実績を積んだりある種のクレジットカードを作ったりして、ゴールド会員相当を目指してみてはいかがでしょうか。

なお、この記事ではゴールド会員相当を中心に見ていきましたが、日本のビジネスホテルチェーン(多くの人が実際に使うのはこちらのはず)も含めて無料の平会員について調べてみた記事もあるので、よければ読んでみてください。

また、今回の記事で取り上げたホテルの多くは、iPhoneのWalletにカードを追加することができます。詳細はこちらの記事を見てください。

おすすめ

ところで、ホテルに泊まったりタクシー代をカードで支払ったりするときに、領収書にサインを求められるときがあります。この時にサラッとサインを書くことができたらカッコ良いですよね。良いカードを持って良いホテルに泊まるなら、身だしなみの一つとして、良いサインを作るのも良いと思います。

サラリーマンが自分だけのサイン(署名)を作ってみた

自分の名前を領収書などに書くためのサイン(署名)を作ってみました。 目次 サラリーマンの私がサインを作ろうと思ったきっかけサインに求める条件署名ドットコムでサインを作ってもらった選べるサインの種類オス ...

続きを見る

-ホテル

© 2021 旅とクレジットカードの手帳